17:19 2021年01月27日
政治
短縮 URL
0 241
でフォローする

ロシアのラヴロフ外相は、岸田外相との会談を総括した中で「ロシアは、アジア太平洋地域における米国のミサイル防衛システム配備が持つ脅威に注意を向けるよう日本に促した」と述べた。

ラヴロフ外相は、次のように述べた-

「我々は、この地域に米国がグローバルなミサイル防衛システム関連施設を配備することで生まれる脅威に注意を向けるよう、日本の同僚達に求めた。ロシアは、地域の安全保障は、ブロックに基づくものではなく、不可分と安全の原則に基づいた対等で総合的な対話確立を通じてのみ可能だと考えている。しかるべきイニシアチブは今、東アジアサミットの枠内で検討中だ。」

関連:

ラヴロフ外相「ロシア政府はプーチン訪日が二国間関係発展の刺激となるよう期待」
日本との共同プロジェクトの実現により関係は新たなレベルへ引き上げられる―ラヴロフ外相
タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント