02:37 2020年09月30日
政治
短縮 URL
0 190
でフォローする

ロシアと日本には平和条約問題について一致点がある。岸田外相との会談後、ラヴロフ外相が述べた。

「条約について両者の立場に一致点はあるか。それはある。その一致点は、相互に受け入れ可能な、双方の国民に受け入れられるような解決を模索しようとする両国指導部の鮮明な政治的努力の中で結ばれたものだ」

「両者の原則的な立場が接近することは簡単ではない。問題は複雑だ」とラヴロフ外相。

「しかし、これらすべての困難にもかかわらず、我々は両国の隣接地域間の協力を発展させることになるだろう実践的な課題の解決に前進していく用意があることを相互に表明し合った」とラヴロフ外相。

関連:

ロシアは日本に対し、アジア太平洋地域への米国MD配備の脅威に注意を喚起した―ラヴロフ外相、岸田外相との会談の後で
ラヴロフ外相「ロシア政府はプーチン訪日が二国間関係発展の刺激となるよう期待」
タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント