21:29 2018年11月19日
アレッポ

ラヴロフ外相 アレッポに関するケリー提案の急変について述べる

© Sputnik / Michael Alaeddin
政治
短縮 URL
2115

ロシアのラヴロフ外相は、米国のケリー国務長官は、自分にアレッポに関する米提案を渡したと述べた。リア∹ノーヴォスチ通信が伝えた。

外相によれば、米提案は「ロシアが強く主張しているアプローチに沿っている」。

ラヴロフ外相は「昨日ケリー国務長官は、ローマで会談したさい、ロシアの専門家らが米国側との交渉で以前から強く主張しているアプローチに沿った米国案を渡した」と伝えた。

外相は「昨日2日まで、シリアをめぐる露米交渉では、米国側が自分達の要求を譲らなかった。それは、東部アレッポのまだ解放されていない地区で戦闘員らを指揮している『アル∹ヌスラ戦線』がシリア国内で、罰を受けることなく自分達の活動を今後も続けるのを許すといった条項を、委任状に含めるというものだった」と説明した。

またラヴロフ外相は「ロシアは、アレッポに関し米国側と交渉するためジュネーブに即時専門家を派遣する用意がある」事を確認した

関連:

プーチン大統領とエルドアン大統領がシリアに関するトルコの声明について議論 トルコ大統領は説明を行った-露大統領補佐官
ロシア外務省:エルドアン大統領のアサド打倒に関する声明は「警戒を要する」
タグ
米国, ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント