06:20 2020年09月24日
政治
短縮 URL
244
でフォローする

米国のカーター国防長官は、カリフォルニアで開かれた安全保障に関するフォーラムで演説し、米国は同国とロシアの関心が一致する分野で、ロシアと協力する可能性を維持しなければならないとの考えを表した。AP通信が報じた。

一方でカーター氏は、シリアとウクライナでのロシアの行動を批判し、サイバー攻撃についてロシアを非難した。なおカーター氏はその際、米国はロシアとの「冷戦も熱戦も」望んでいないと強調した。

またカーター氏は、ロシアの「アグレッシブな」行動を抑止するための欧州におけるNATO拡大については、ロシアと協力するための窓を開けたままにしておくのを忘れてはならないと言及した。

2日、米国議会は2017年の防衛予算案を承認した。文書では特にロシアとの軍事協力の禁止が見込まれている。また法案は、「ロシアを封じ込める」ために43億ドルを拠出することを規定している。Lenta.ruが報じた。

先に プーチン大統領がロシアは米新政権との関係を発展させる用意があると指摘した。

関連:

トランプ氏とロシア:未来を覗いてみる
トランプ氏のロシア訪問時期、マスコミがリーク
タグ
露米関係, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント