20:04 2017年11月22日
東京+ 9°C
モスクワ0°C
    稲田防衛相、米助言に反し核兵器に反対

    稲田防衛相、米助言に反し核兵器に反対

    © AP Photo/ Shuji Kajiyama
    政治
    短縮 URL
    1752311

    日本の稲田朋美防衛相は、次期トランプ政権でも、日米双方に利益があるため、2国は同盟国で有り続けると確信している。

    7日、カーター米国務長官と稲田防衛層は会見後に共同記者会見を開いた。稲田防衛相は記者会見で、米国による「核の傘」は変わることなく残るとした上で、日本は原爆の惨禍を経験した世界でただ1つの国であり、核不拡散における日本の立場は維持されていくと指摘した。

    このような声明のきっかけとなったのは、トランプ氏による、日韓のような国は原子力安全問題で米国の核兵器を利用するのではなく、自国で核兵器を保有する必要があるとの発言だ。

    カーター国務長官は、日米関係は今までになく強固であり、「地域での米国の利益関心は永久だ」と指摘した。

    関連:

    カーター米国防長官 日本訪問
    稲田朋美氏のためのアメリカンドリーム:女性が日本の首相になるか?
    タグ
    核兵器, 核問題
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント