19:52 2017年11月22日
東京+ 9°C
モスクワ0°C
    中国はTPPで米国の代わりとなることができるか?

    中国はTPPで米国の代わりとなることができるか?

    © AP Photo/ Andy Wong
    政治
    短縮 URL
    148354

    日本の参院が衆院に続き環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加を批准した。

    米国の次期大統領トランプ氏はTPPから撤退する意向を発表したとして、日本の野党は協定の批准プロセスを遅らせるよう要求した。一部には協定が再形成される可能性があるとする声もあるが、多くの専門家は、米国の参加しない現在の形でのTPPには味がないと指摘している。

    オーストラリアのメディアによると、TPPで中国が米国の代わりとなるかもしれない。ペルーでのAPEC首脳のサミットで一連のTPP参加国は、たとえ米国が離脱してもパートナーシップを推進するという非公式合意に達した。北京をTPPに招待するかどうかをめぐり参加国は割れている。

    しかしリーダーとしての中国の命運は全参加国と北京の二国間交渉を通じてのみ明らかになる。

    関連:

    トランプ氏、TPP「就任初日に離脱」、方針変えず
    トランプ氏 就任初日にTPP離脱を開始する意向
    タグ
    TPP, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント