04:01 2018年06月23日
クリル列島

平和条約が無いのは時代錯誤的、プーチン大統領

© Flickr/ Peter
政治
短縮 URL
2361

プーチン大統領は日本TVからのインタビューに答え、ロシアは日本との完全な正常関係を望んでおり、二国間の平和条約の欠如は時代錯誤だととらえていると語った。

「我々は対日関係を完全に正常化したいと望んでいる。平和条約の欠如は過去の産物で時代錯誤であり、この時代錯誤は取り除かれねばならない。」プーチン大統領はこう語った。

「我々は日本との間に領土問題を抱えていない。領土問題が存在すると考えているのは日本のほうだ。だが我々はこれを話し合う用意がある。」プーチン大統領はこう語った。

プーチン大統領はまた、日本と信頼、友好、協力を築き、貿易経済関係の拡大を図るよう呼びかけた。

関連:

プーチン大統領は明仁天皇と謁見せず、秋田犬はモスクワに来ない…プーチン大統領と安倍首相の会談から待たれるものは?
制裁は日露経済協力の足かせにならずー世耕経産相
タグ
露日関係, ウラジーミル・プーチン, クリル諸島, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント