20:12 2017年12月11日
東京+ 13°C
モスクワ+ 2°C
    NATO

    米国のNATO大使はロシアの攻撃性を信じてはいない

    © REUTERS/ Francois Lenoir
    政治
    短縮 URL
    1011

    米国のダグラス・リュートNATO大使は、ABC Newsのインタビューで、ロシアにNATOを攻撃する意思があるとは信じていないと述べた。

    なおリュート氏は、米国とその同盟国のためにロシアのプーチン大統領を研究することを仕事としているが、ロシアを「NATOにとって不安定性、不確実性、予測不可能性の大きな源である」と考えている。

    リュート氏によると、ロシアは武力紛争ではなく、「虚報キャンペーン、さらには社会の混乱を促進するキャンペーン」の実施を計画しているという。

    先に、ドイツのメルケル首相は、ロシアとNATOの関係を見直す必要性を発表した。

    関連:

    米大統領選のハッカー攻撃、ロシアを非難した米特務機関の自作自演?
    「モノのインターネット」は命にかかわるほど危険なものとなった
    タグ
    NATO
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント