15:48 2018年06月19日
フィリピンのドゥテルテ大統領

比・ドゥテルテ大統領、ダーイシュと関係と告白

© AFP 2018 / Kazuhiro Nogi
政治
短縮 URL
2252

フィリピンのドゥテルテ大統領がソーシャルニュースサイト「Rappler」のインタビューを受けて、大統領の親類がテロ組織「ダーイシュ(イスラム国、IS)」と連絡を取り合っていると語った。

ドゥテルテ大統領は、親類の中には、テロ組織の利益を守り、ダーイシュのテロリストと協力しているものもいると告白した。大統領によると、これは、ミンダナオ島で過激派を支持している人もいることに関係している。

同サイトが報じるところ、ドゥテルテ大統領はテロリストと関係を維持する意図はないとした上で、「共和国にのみ仕えている」と述べた。先に大統領は、フィリピンのある過激派組織がダーイシュと緊密に協力していると語った。

先にドゥテルテ大統領は、「良い奴のふりをする暇はない」と述べた。

 

関連:

フィリピン大統領 今度は「国連を燃やす」と脅迫
タグ
ISIS, フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント