10:41 2018年12月17日
ヒラリー・クリントン

ウィキリークス ヒラリー・クリントン氏の消えた電子メールの情報提供に2万ドルの報酬を出すと発表

© AP Photo / Julie Jacobson
政治
短縮 URL
0 221

内部告発サイト「ウィキリークス」は、民主党の元大統領候補ヒラリー・クリントン氏の消えた電子メールの情報提供に2万ドルの報酬を出すと発表した。

ウィキリークスは、重要な情報の破棄に関与したオバマ政権の人物の摘発あるいは逮捕につながる情報提供に報酬を出すという。

​このきっかけとなったのは、ウィキリークスのサイトに掲載された2009年付けの米国立公文書館の内部向けの書簡。同書簡では、当時クリントン氏が国務長官を務めていた米国務省の情報が入った容量2TBのハードディスクの紛失について伝えられている。

ディスクには、「マル秘」の公印のある書類も含まれていた。

関連:

アサンジ氏、オバマ政権のロシア攻撃の理由を明らかに
タグ
ウィキリークス, ヒラリー・クリントン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント