02:56 2018年12月13日
独フォークス誌:米戦車のドイツでの展開に独政治家は憤慨

独フォークス誌:米戦車のドイツでの展開に独政治家は憤慨

© 写真: The U.S. Army
政治
短縮 URL
1162

一連のドイツの政治家は、米国の戦車がドイツのブレーマーハーフェンの港に到着したことに対して遺憾の意を示した。独政治誌フォークスが伝えた。

「もし戦車が国境の両側であっちこっちに動けば、私たちは楽にはならない」とドイツ社会民主党(SPD)議員のブランデンブルク州のディートマー・ヴォイトケ州首相が述べた。
ヴォイトケ氏はまた、「あらゆる困難に関わらず」、「落ち着きを保っ」てロシア政府との対話を続けるよう呼びかけた。

米国戦車のドイツ到着を受けて、「左翼」党のトビアス・プフリューガー副党首も憤慨を示した。副党首は、NATORI諸国は自らの行動によって、新たな軍拡競争を行うよう挑発し、ロシアとの関係を複雑にしていると述べる。副党首はまた、米軍の欧州軍陸軍の主導で昨夏バルト3国で行われた、多国間軍事演習「セイバーストライク」についても同様の立ち位置を示した。

ブレーマーハーフェンに到着した米軍事兵器は、NATO統一と欧州での平和維持プログラムの枠組みでポーランドに派遣される。後にポーランドでは3500人の米軍第4歩兵師団員が駐留する。

先にメディアが、大統領就任後のトランプ氏の最優先事項を伝えた。

関連:

オバマ大統領、「新たな基礎を築いた」米国市民を誇る
ケリー国務長官「合衆国に仕えてきた自分のキャリアは終わった」
タグ
武器・兵器, アメリカ軍, 欧州, ドイツ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント