21:44 2017年09月26日
東京+ 25°C
モスクワ+ 12°C
    ウィキリークス、サイバー攻撃についての米情報機関の報告書を揶揄

    ウィキリークス、サイバー攻撃についての米情報機関の報告書を揶揄

    © AFP 2017/ Rodrigo Buendia
    政治
    短縮 URL
    41733391

    ウィキリークスは、米大統領選挙へのロシアの介入についての米情報機関の報告書が基にしている情報源を揶揄した。

    「機密扱いから外された『ロシアのハッキング』についての報告書には、興味深い免責事項があり、それによると報告書はテレビ放送やツイートを基にしている」とウィキリークスは皮肉っぽくツイートした。

    上記のツイートは、報告書作成者たちが「クレムリンに忠実な政治家や国営メディア、親クレムリン的なソーシャルメディアの行為者」の言動を分析したと書かれている段落についてコメントしたもの。

    先に米情報期間が、米大統領選挙戦への「ロシア政府の介入」についての報告書を公開した。そこでは、プーチン大統領が先の選挙に影響を与えるよう個人的に命令を下したと主張されている。

    ロシア政府に対するこのような非難はすでに1度ならず発せられているが、証拠は一切提出されていない。ロシアはこの主張を否定している。

    関連:

    米特務機関 盗まれた民主党のメールをウィキリークスに流した仲介人を特定
    ケリー国務長官「合衆国に仕えてきた自分のキャリアは終わった」
    オバマ大統領、「新たな基礎を築いた」米国市民を誇る
    タグ
    露米関係, ウィキリークス, ロシア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント