17:01 2019年12月11日
ロシア政府:ロシアはサイバー攻撃非難に疲れた

ロシア政府:ロシアはサイバー攻撃非難に疲れた

© Sputnik / Sergey Guneev
政治
短縮 URL
2222
でフォローする

ロシアをサイバー攻撃で非難している米国の報告書は「魔女狩り」を思い起こさせ、このような根拠のない非難により疲労感を感じている。ロシアのペスコフ大統領報道官が報じた。

先に米国情報機関が、米大統領選挙への「ロシアの介入」を想定して報告書を公開した。報告書では米国家安全保障局(NSA)や中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)が、ロシアがいわくトランプ氏選出を試みたと主張しているが、根拠を提出していない。さらに情報機関は、「ロシアの介入」は選挙結果に全く影響しなかったことを認めている。

ペスコフ報道官は、「我々は依然として、何らかのサイバー攻撃へのモスクワの関与という可能性を除外している」と述べた。

報道官によると、公開された報告書には何の根拠もないアマチュアレベルの非難が含まれているとした上で、ロシア政府はこの非難にすでに「本当に疲れた」と指摘した。

先に、スプートニクとRTテレビの編集長が自身のブログでCIAの報告書にコメントした

関連:

アサンジ氏、オバマ政権のロシア攻撃の理由を明らかに
トランプ氏が対露制裁解除しても米議員らが阻止か?
タグ
露米関係, ハッカー, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント