10:55 2018年07月19日
次期米国務長官候補はロシア企業の株主、マスコミ情報

次期米国務長官候補はロシア企業の株主、マスコミ情報

© Sputnik / Ramil Sitdikov
政治
短縮 URL
170

次期米大統領となるドナルド・トランプ氏が国務長官に起用を決めたレックス・ティラーソン氏はロシアの企業「Yandex NV」の株主。NBCテレビが財務報告を所持する人物からの情報を引用して報じた。

「Yandex NV」はロシアの多国籍企業。ロシア語インターネットの最大の検索マシーン「ヤンデックス」を立ち上げ、インターネットポーターを有し、数カ国にまたがったサービスを展開している。

ティラーソン氏はエクソンモービル社の元社長。NBCの報道によれば同氏はロシア及び中国の技術資産に投資しており、中国の情報技術を取り扱う阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング)や中国最大の検索エンジンの百度(バイドゥ)、ロシアの「ヤンデックス」社の株式を所有している。

「ヤンデックス」社の株式所有方法について、同社のオチル・マンジコフ役員PR担当リアノーボスチ通信からの質問に対し、同社は2011年よりナスダックに上場しているためいかなる投資家も株式購入は可能と回答している。

関連:

米労働省 Googleとの協力をやめると脅す
グーグル職員、会社への憎悪を語る
タグ
インターネット, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント