08:11 2020年09月19日
政治
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国のトランプ新大統領のスポークスマンは、新大統領がロシアのプーチン大統領とアイスランドの首都レイキャヴィクで会談する予定だとの新聞Sunday Timesの報道を否定した。ブルームバーグ通信が伝えた。

スポークスマンは「そうした情報は、100%真実でない」と述べている。

一方アイスランド外務省も、これに関連してコメントを出し「首脳会談を組織してほしいとの依頼はない」と指摘した。しかし同省は「もしそうした依頼があれば、我々はそれを肯定的に受け入れ、米露関係改善に貢献できるようなものとするだろう」とも伝えた。

先に新聞Sunday Timesは「トランプ氏は宣誓式後、数週間のうちに、プーチン大統領とレイキャヴィクで会いたいと考えている」と報じた。

関連:

トランプ氏 対露制裁解除の条件を挙げる
米国でトランプ氏就任に反対する抗議週間が始まる
タグ
露米関係, ドナルド・トランプ, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント