06:23 2019年07月17日
ウクライナのポロシェンコ大統領

ウクライナ、国際司法裁判所にロシアを訴え

© Sputnik / Mikhail Markiv
政治
短縮 URL
0 316

ウクライナのポロシェンコ大統領はハーグの国際司法裁判所にロシアを訴えた。同大統領の公式サイトに掲載された。

ポロシェンコ氏はテロへの金融支援に反対し、人種差別の撤廃をうたった国連憲章に違反しているとしてロシア大統領府を訴えている。

ウクライナ政権の訴えにはまたロシアのウクライナの内政も含まれているが、ロシアはこうした訴えを容認し難いとして否定している。ロシアはウクライナ国内の紛争の当事者でもなく、南部頭部の事件にも関与しておらず、ウクライナが政治及び経済危機を克服することに関心を抱いているという立場を幾度となく繰り返してきた。

先に、ウクライナに核大国というステータスを取り戻すよう、急進党の議員が議会で提案した。ウクライナ議会のサイトにはすでに、同国の「1968年7月1日から核兵器不拡散条約へのウクライナが参加する事に関する」法案が失効したと認め、「ウクライナの核兵器に関する権利回復」する法案が現れた。

関連:

オランダの裁判所、クリミアのスキタイ・ゴールドをウクライナに渡すことを決める
米週刊誌「タイム」 ウクライナ大統領を賄賂行為で批判する論文を掲載
タグ
国連, ロシア, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント