20:06 2020年09月29日
政治
短縮 URL
3313
でフォローする

カザフスタンのアスタナでの2日間にわたるシリア和平交渉ではこれを総括したロシア、イラン、トルコの共同声明が表され、シリア危機の解決は唯一政治的方法でしか図れず、軍事的手段はこの状況ではないことが確認された。

共同コミュニケでは和平保証諸国らはシリアの国土保全を支持し、シリアのテロと共同で闘う用意が確認された。ロシアのマスコミが報じている。

シリアの反体制武装勢力の代表らはロシアとの協議はポジティブな雰囲気の中で行なわれたことを明らかにしていたものの、総括合意への署名を拒否。反体制武装勢力は1月27日モスクワでの懇談に招聘されている。

それより前にシリア反政府武装勢力が国連後援のジュネーブ協議に参加する条件は、アスタナで始まった協議の成功だと報じられた。反政府勢力代表団のウサマ・アブ・ゼイド顧問が、リア・ノーヴォスチ通信に述べた。

タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント