07:29 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 11°C
    FBI、駐米ロシア大使とトランプ氏の補佐官の会話を盗聴

    FBI、駐米ロシア大使とトランプ氏の補佐官の会話を盗聴

    © AP Photo/ Andrew Harnik
    政治
    短縮 URL
    11136100

    連邦捜査局(FBI)がワシントン駐在のセルゲイ・キスリャク大使とトランプ政権のマイケル・フリン大統領補佐官の間の会話を盗聴。ただしその会話に「不適当な」内容は一切見つけられなかった。NBCテレビが消息筋からの情報として報じた。

    米マスコミはこれより前、フリン氏とキスリャク駐米ロシア大使が12月29日、オバマ前米政権が対露制裁を発動した際に電話会談を実施したと報じていた。NBCテレビに語った複数の消息筋はFBIの調査はこの件だけに限定したものではないはずと断言している。

    NBCの消息筋は、ロシア大使館とフリン氏の間のコンタクトについては形式的な捜査は一切行われておらず、FBIは「通話内容の一部を盗聴しただけ」と語っている。

    FBIはこの捜査の情報にはコメントを表していない。

    タグ
    露米関係, ロシア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント