20:11 2020年09月29日
政治
短縮 URL
0 92
でフォローする

ロシアの用意したシリア憲法草案はシリア政府、反体制勢力、地域諸国の立場を考慮したもの。ラヴロフ外相はロシア議会下院(国家会議)で議員らの質問に答えた中で明らかにした。

露国防省、ロシア軍のダーイシュ施設爆撃の動画を公開【動画】
© 写真 : Ministry of defence of the Russian Federation
「我々はアスタナで憲法草案を公開した。これはここ数年我々が反体制勢力、政府、地域諸国から聞かされてきたことを考慮して策定したものだ。」

これより前ペスコフ大統領府公式報道官はアスタナでのシリア和平交渉は成功したことを明らかにしていた。

タグ
シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント