15:55 2018年07月16日
露中は核攻撃をクリアできるか? 米諜報機関が調査

露中は核攻撃をクリアできるか? 米諜報機関が調査

© Fotolia / Twindesigner
政治
短縮 URL
139

米国の諜報機関がロシアと中国の両指導部は米国からの核攻撃を受けた後にも機能を失わないか、そのサバイバル度を調査している事が明るみになった。

調査はオバマ政権時代に米議会が米諜報機関に要請したもの。調査内容には、両国の首脳がそれぞれの国が危機および軍事行為をうけた際に国事機能を行なえる施設が存在するかを特定させる項目が入っている。

このほか米戦略的司令部には 米国からの核戦争を想定して露中指導部の安全保障策がどう考慮されているかを詳細に書き出すことを求められている。ロシアのマスコミが報じた。

核戦争の現実的な脅威に関しては、国連大学の学者達からは、地球上で初めての核戦争はロシアと米国の間でなく、インドとパキスタンの間で勃発する可能性があるとの指摘がなされている。引き金になる恐れとしてはインダス川の水域問題やインド半島の飲料水を確保する問題をめぐる印パの争いが列挙された。

タグ
バラク・オバマ, 米国, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント