00:02 2017年10月18日
東京+ 13°C
モスクワ+ 11°C
    プーチン大統領とトランプ大統領がドンバス紛争にけりをつけるチャンスはいかほどか?

    プーチン大統領とトランプ大統領がドンバス紛争にけりをつけるチャンスはいかほどか?

    © Sputnik/ John Trast
    政治
    短縮 URL
    489075

    プーチン大統領とトランプ大統領が協力したとしても、ドンバス(ウクライナ南部・東部地域)の紛争解決を手助けするのは容易なことではない。The Nationは、このように指摘している。

    その多くは、ウクライナ危機 の当初から米国の政策がメディアによって誇張されたプロパガンダ的なステレオタイプに基づいていたことに関連している。米メディアは、ロシアによる所謂「侵略」に関する声明のみを伝え、ドンバスの出来事を極めて一方的に報じた。

    米国とロシアがミンスク合意のサポートについて合意した場合でさえ、両国の履行が再び頓挫しないという確信はない。The Nationの記事ではこのように指摘されている。

    またThe Nationは、ウクライナが一つの国として存在し続けた場合、ウクライナはNATOのメンバーであることを除外する非ブロック国家のステータスと、西側そしてロシアと経済関係を築く可能性を持つべきだとの見方を示している。

    それより前にロシアのラヴロフ外相は、ロシアと対話を構築する意向だというトランプ米大統領の声明は、露米関係の進展を期待させると述べた。

    タグ
    ドナルド・トランプ, ウラジーミル・プーチン, ドンバス, ウクライナ, ロシア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント