10:30 2017年12月13日
東京+ 7°C
モスクワ+ 2°C
    英国防相 ダーイシュの首都包囲プランを明らかに

    英国防相 ダーイシュの首都包囲プランを明らかに

    © AFP 2017/ Delil Souleiman
    政治
    短縮 URL
    255

    英国のファロン国防相は、テロリストグループ「ダーイシュ(イスラム国)」の事実上の首都であるラッカを、春までに孤立化させ、その後、町の解放を始めることになるだろう」と述べた。ロイター通信が伝えた。

    2016年の秋から、クルド人、そしてアラブ人の自衛部隊からなるシリア民主軍(SDF)は、ラッカ奪還作戦を展開している。町への攻撃は、北西及び北東方向から同時に行われ、今年1月には、町を包囲し、戦闘員らの拠点につながる道路を遮断する目的を持った新たな戦いの段階に入ったと発表された。

    ファロン国防相は、イラク北部クルドスタン自治区の主都アルビールを訪問した際、記者団に「ラッカの孤立化が春までに終わり、その後、町の解放に向けた作戦が始まるよう望んでいる」と述べた。

    ラッカは、2014年から、シリアにおける「ダーイシュ」の首都とみなされている。

    先の報道ではイラクのモスルで米国が主導する有志連合による空爆により「ダーイシュ」のリーダーの一人とその片腕4人が殺害された。

    タグ
    ISIS, シリア, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント