07:40 2019年11月13日
ストルテンベルグNATO事務総長 ロシアとの対話の必要性を主張

ストルテンベルグNATO事務総長 ロシアとの対話の必要性を主張

© AFP 2019 / JOHN THYS
政治
短縮 URL
3101
でフォローする

NATOのストルテンベルグ事務総長はミュンヘンでラブロフ外相と会談したなかで、NATOは「ロシアとは対話が必要であるとの立場を断固として堅持」していると語った。

ラブロフ外相は「軍事力の立場から、であるとわかっている」と語ると、これに対してストルテンベルグ事務総長は「予見のきく立場体」とこたえた。

ラブロフ外相は「NATOが以前のとおりにわれわれと対話をしていることをうれしく思う。実践的な性格の問題を話し合えると考えている」と語った。

先の報道では、岸田外相はボンでのG20外相会合のフィールドでラブロフ外相との会談を実施したなかで、朝鮮民主主義人民共和国についてロシアとの二国間協力の問題を話し合いたいとの意向を伝えた。

タグ
NATO, セルゲイ・ラブロフ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント