00:32 2018年07月20日
ラヴロフ外相 クリミア貸与案はミンスク合意不履行から目を逸らせる企て

ラブロフ外相 クリミア貸与案はミンスク合意不履行から目を逸らせる企て

© Sputnik / Sergey Malgavko
政治
短縮 URL
1101

マスコミ報道に現れたクリミアと対露制裁についてのプランについて、ラブロフ外相はミンスク合意を遂行できないウクライナのポロシェンコ大統領の無能さから注意をそらす試みと指摘した。

「ミンスク合意の遂行義務を行えないポロシェンコ大統領府の完全なる無能さと、そのポロシェンコ氏に影響力を講じることのできない独仏の同僚の無能さから注意をそらしたいと望む人間が少なからずいる。」ラブロフ外相は、クリミアをロシアに貸与する形でのウクライナ危機解決プランをウクライナの議員が米国に提案したらしいというマスコミ報道へのコメントを求められたなかで、こう答えた。

先の報道では、プーチン大統領は、ウクライナのドネツク及びルガンスク州に居住するウクライナ市民及び無国籍者に、同地域での状況が政治的に調整されるまで出された文書の、ロシア国内での承認に関する大統領令に署名した。

タグ
セルゲイ・ラブロフ, ウクライナ, クリミア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント