22:45 2019年11月13日
ル・ペン氏、スカーフは被らないとレバノンの大ムフティーとの会談拒否

ル・ペン氏、スカーフは被らないとレバノンの大ムフティーとの会談拒否

© REUTERS / Aziz Taher
政治
短縮 URL
0 103
でフォローする

国民戦線の党首のマリーヌ・ル・ペン仏大統領候補とレバノンのイスラム教最高指導者(大ムフティー)との会談はル・ペン氏が髪をスカーフで覆うことを拒否したため中止された。フィガロ紙が報じた。

レバノンのムフティーの広報部の声明によれば、ル・ペン氏には前もって会談に際しては頭部を覆う必要があることは通達してあった。

ル・ペン氏は記者団に対し、「私からの深い尊敬の念をムフティーにお伝えください。でも私は頭を覆うつもりはありませんよ」と答えている。

ル・ペン氏は19日夜にはベイルート入りしていた。ル・ペン氏は20日にはレバノンのミシェル・アウン大統領と会談し、初の公式的な顔あわせを行ったばかり。

マリーヌ・ル・ペン氏は仏極右の政党、国民戦線の党首を務めており、次期大統領選挙では有力候補のひとり。

タグ
レバノン, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント