04:45 2018年09月23日
米国が疑惑 南シナ海に中国がミサイル配備か

米国が疑惑 南シナ海に中国がミサイル配備か

© REUTERS / Ritchie B. Tongo/Pool
政治
短縮 URL
0 44

米国の軍事専門家らは中国が係争水域である南シナ海の人工島に「地対空」ミサイルを配備したとの疑いを抱いている。ロイター通信が米国防総省内の消息筋情報を引用して報じた。

米諜報機関はスビ、ミスチフ、フィリ・クロス、また中国空軍用の滑走路が建設されたスプラトリーの島々で可動式屋根のついた20個あまりのコンクリート製の施設が建設されているのを確認した。

「中国は理由もなくこんなふうに建設を行わない。そういうことは中国人らしくない。施設はミサイルサイロを想起させる。このためおそらくそれ、そのものだとおもう。」特務機関の匿名の代表はロイター通信に対してこう語った。

2月19日、米海軍航空隊が南シナ海での係争境界線に関する米中関係緊張化を背景にパトロールを開始している。

タグ
南シナ海, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント