03:21 2018年09月25日
露下院 クリルへの師団配備に対する日本の抗議にコメント

露下院 クリルへの師団配備に対する日本の抗議にコメント

© Sputnik / Yuri Kaver
政治
短縮 URL
2176

ロシア議会下院・国家会議国際問題委員会のドミトリイ・ノヴィコフ第一副委員長は「クリルの島々は、ロシア連邦の領土であり、それゆえロシア側には、国を守るためそれらを用いる権利がある」と述べた。

先に日本政府は、ロシアが2017年、クリルに師団を展開する計画を発表したことに対し、外交チャンネルを通じてロシア側に抗議した。

セルゲイ・ショイグ国防相は、22日下院で発言した際「我々は、クリルの西及び南西国境に3個師団の配備を完了するつもりだ」と述べた。

ノヴィコフ第一副委員長は「我々は、クリル問題は解決済みだとみなしており、それゆえ島々はロシア領だと捉えている。ロシアには、この領土を守り、ロシア全体を守るため島々を利用する目的で、あらゆる措置を講ずる権利がある」と指摘した。

先の報道では、ロシアは諸島をクリル諸島と命名することはこれがロシアの領土の一部である以上、自国の主権であるととらえている。この一方でロシアは対日関係における前向きな動きを支持していく。ロシア大統領府ペスコフ公式報道官はこう述べた。

タグ
露日関係, クリル諸島, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント