17:52 2017年09月21日
東京+ 28°C
モスクワ+ 11°C
    ロシアとイラン 共同で核燃料を製造

    ロシアとイラン 共同で核燃料を製造

    © AP Photo/ Vahid Salemi
    政治
    短縮 URL
    344593

    ロシアとイランは、核燃料の共同製造に向けた「ロードマップ」を承認した。イランのサレヒ副大統領兼原子力庁長官が、イラン学生通信(ISNA)のインタビューの中で明らかにした。

    スプートニク通信は、サレヒ長官の言葉を引用し次のように伝えた-

    「原子力交渉の枠内で話し合われ、最終的にまとまった項目の中で最も有益だったのは、ロシアとイランが共同で核燃料を製造するというものだった。我々は、この分野でロシアの援助が必要とされていることについて話した。」

    サレヒ長官によれば、ロシアがこの分野でアドバイスする事でも合意をみたとのことだ。

    さきにサレヒ長官は「イラン指導部は、もし米国のトランプ大統領が、国際仲介役との取引を破棄するなら、イランは核兵器領域での活動を再開させる用意がある」と述べている。

    先の報道ではトランプ米大統領は、イランに対する態度について、前任者のオバマ氏のような「好意あるもの」にはならないと述べた。

    タグ
    核問題, イラン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント