14:00 2018年06月24日
対露関係は改善する必要があるーメルケル首相

対露関係は改善する必要があるーメルケル首相

© REUTERS / Jonathan Ernst
政治
短縮 URL
365

メルケル首相はトランプ大統領との会談で、対露関係は改善する必要があるが、このプロセスはウクライナ情勢正常化と並行するべきだと発言。

ドイツのメルケル首相はトランプ大統領との共同記者会見で、ミンスク合意の実施は対露関係を改善する機会を与えると発言。会見のライブ配信は「N24」テレビが行っている。

メルケル首相は、「米政権そして大統領個人がミンスクのプロセスにより多く取り組んでいることは喜ばしい。我々は一方では安全で主権を持つウクライナのために、そしてまた、問題が解消された時に対露関係を改善する機会のために、この問題を解決する必要がある。ミンスク(合意)はそのための基礎を提供するが、我々は残念ながら、そう深くは実施のために進んでいない。そして我々は我々の専門家たちとともに、今後数ヶ月、この問題に緊密に取り掛かっていく」と述べた。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント