18:57 2019年10月18日
露日2プラス2会談 ラヴロフ外相、岸田外相、ショイグ国防相と稲田防衛相露日2プラス2会談 ラヴロフ外相、岸田外相、ショイグ国防相と稲田防衛相

2プラス2協議-露日関係の新たなレベル

© Sputnik / Alexander Sherbak / TASS / POOL © Sputnik / Alexander Sherbak / TASS / POOL
1 / 2
政治
短縮 URL
露日「2+2」協議 (13)
2183
でフォローする

東京で20日、露日「2+2」協議が行われた。協議には両国の外交担当と防衛担当大臣が参加した。

協議開始前、ロシアのラヴロフ外相は「2+2」協議について、このようなフォーマットの協議そのものが、対話を質的に新たなレベルへ導くことを目指しているのを物語っていると述べた。

露日協議 [2プラス2] 初日の会談結果
© Sputnik / Ekaterina Bulanova
露日協議 [2プラス2] 初日の会談結果
ニュースメッセージ
  • 18:21

    生中継が終了

    露日2プラス2記者会見 ラヴロフ外相、岸田外相、ショイグ国防相と稲田防衛相
    © Sputnik / Vitaliy Belousov
  • 18:18

    2プラス2形式 露日関係に新たな変化をもたらす

    ラヴロフ外相は、「2プラス2形式の対話の拡大は我々のリーダーの立てた課題の解決に貢献する。それはあらゆる路線、方面において、第3者のためではなく露日両国民の関心に基づいて露日間関係を質的に新たに構築することに他ならない」と語った。

    露日2プラス2記者会見 ラヴロフ、岸田両外相
    © Sputnik / Vitaliy Belousov
  • 17:48

    ロシアは危険な軍事活動の防止について日本と合意を締結する用意がある

    ショイグ国防相は、 ロシアは危険な軍事活動の防止について日本と合意を締結する用意があることを明らかにした。ショイグ国防相は、この問題については両国は2013年の段階で初めて話し合っており、合意の準備を開始する構えにあったものの、一時的に休止状態にあったが、休止はロシア側が原因ではないと述べた。ショイグ国防相は、今日我々は、こうした合意の締結はアクチュアルであると理解していると語っている。

    露日2プラス2 ラヴロフ外相、ショイグ国防相が訪日
    © Sputnik / Vitaliy Belousov
  • 17:39

    ラヴロフ外相は、制裁が朝鮮民主主義人民共和国を罰する手段であってはならないということで露日の意見は一致していると語った

    ラヴロフ外相は、北朝鮮に対して国連の発動した制裁は罰する手段としてではなく、状況を政治対話へと引き戻すための刺激策としてとらえねばならないと強調した。

  • 17:35

    ショイグ国防相はクリル諸島へのロシア軍師団の配置について、ロシアの防衛のみを目的として行われていると説明した

    元KGB長官の回顧録:日本との領土交渉の新事実が明らかに!

    元KGB長官の回顧録:日本との領土交渉の新事実が明らかに!

    2017年初め、KGB初代長官イワン・セロフの回顧録がモスクワで出版された。彼は1954年から1958年までKGB長官を務めた人物だ。今回初めて詳細が広く一般に明らかになったソ連史の数ある出来事の中には、「北方領土」をめぐる1950年代末のソ日交渉のエピソードも含まれている。
    続きを読む

    「師団の形成は6年をかけて行われているが、特定の敵を想定したものではなく、ロシア連邦の領土の防衛のみを目的に形成されている。」ショイグ国防相は東京での記者会見でこう述べた。

    これより前、岸田外相はロシア側に対し、クリル諸島へのミサイル配備および師団の配置についての憂慮の念を表したことを明らかにしていた。

    岸田外相は、この内容についての交渉での討議の詳細を明かすことは控えるものの、この問題を抜本的に解決するためには平和条約締結交渉を最も本格的に行うことが不可欠だと強調した。

    露日2プラス2 ラヴロフ外相、ショイグ国防相が訪日
    © Sputnik / Vitaliy Belousov
  • 17:26

    ロシアはシリアの文化遺産での地雷解除を日本に提案した。ショイグ国防相が明らかにした

    ショイグ国防相は、「(日本側の)我々の同僚に対してユネスコで保護されている文化遺産の地雷解除の一大プログラムに参加するよう提案した」と語った。

    ロシアはさらに日本に対してシリア住民への医療援助に加わるよう提案している。

  • 17:16

    露日は日本の自衛隊の実習船がロシアの港に寄港できるよう、合意を図っている

    稲田防衛相は、日露は今年2017年に自衛隊の演習船のロシアの港への寄港について合意を図ることで意見が一致したことを明らかにした。

    露日2プラス2会談 ショイグ国防相と稲田防衛相
    © REUTERS / Toru Hanai
  • 17:08

    岸田外相は、露日は平和条約について日露は引き続き緊密な作業を続けることを明らかに

  • 17:07

    ラヴロフ外相は、ロシアは日本に対して米MD展開で引き起こされるリスクについて注意を喚起したと語った

    露日2プラス2会談 ラヴロフ外相
    © Sputnik / Vitaliy Belousov
  • 16:58

    ロシア側が提案 次回2プラス2の実施はロシアで

    2プラス2形式の会合は今後も続けられる。ロシア側は次回の会合をロシア側で行うことを提案している。岸田外相は東京での2プラス2形式での安全保障問題についての交渉結果を総括したブリーフィングでこう語った。

  • 16:57

    岸田外相は、日露は朝鮮民主主義人民共和国に対して煽動的な行為を控え、国連安保理決議を遵守するよう求めていくことを明らかにしている

  • 16:53

    岸田外相は、日本政府がロシアに対し、南クリル諸島での合同経済活動に関する提案を手渡したことを明らかにした

    露日2プラス2会談 ラヴロフ、岸田両外相
    © Sputnik / Vitaliy Belousov
  • 16:45

    安倍首相のロシア訪問 4月に

    安倍首相は状況が許せば4月下旬にロシアを訪問。20日、岸田外相は露日2プラス2会合の結果を総括して行った記者会見で首相の訪露時期を明らかにした。

  • 16:36

    日本とロシアの外務・防衛閣僚協議(2プラス2)が終了した

  • 15:49

    2プラス2形式での会談は当初、安全保障問題を話しあうために考案されたもの。初のラウンドが実施されたのは2013年11月、東京で双方とも実りの大きい会合だったと評価。この際、主要テーマとなったのは海賊およびテロ対策、軍事上の路線での交流、サイバー安全保障問題の討議等だった。2014年、この形式での会合が閉ざされた後、軍事上のコンタクトはウクライナをめぐる危機によって最小化されてしまっていた。

    双方は安全保障分野における信用強化策、地域で米国が展開するMD、合同海上軍事演習の拡大を話し合うほか、朝鮮民主主義人民共和国の核プログラムをめぐる状況についても触れるものと期待されている。

    ロシア科学アカデミー、極東研究所、日本調査センターのヴァレリー・キスタノフ所長は2プラス2の形式について、露日にとっては現存の問題についてのそれぞれの立場を説明し、関係に残る緊張を弱めようと試みる良い機会との見解を表している。

    露外務次官 朝鮮半島情勢に深刻な懸念を表明

    露外務次官 朝鮮半島情勢に深刻な懸念を表明

    朝鮮民主主義人民共和国の核プログラムをめぐる6か国協議でロシア首席代表を務めるイーゴリ・モルグロフ外務次官は、朝鮮半島情勢に関する時事通信の書面インタビューに応じた。なおモルグロフ外務次官は、明日18日に東京で開かれる南クリル(北方四島)での共同経済活動に関する公式協議に出席する。 インタビューでの次官の答えの要旨を、以下抜粋して、お伝えする。
    続きを読む
  • 15:07

    東京で現在、露日「2+2」協議が行われている

    露日2プラス2会談 ラヴロフ外相、岸田外相、ショイグ国防相と稲田防衛相
    © Sputnik / Alexander Kondratyuk

    協議には両国の外交担当と防衛担当大臣が参加している。

    協議開始前、ロシアのラヴロフ外相は「2+2」協議について、このようなフォーマットの協議そのものが、対話を質的に新たなレベルへ導くことを目指しているのを物語っていると述べた。

  • 14:53
    露日2プラス2会談 ラヴロフ、岸田両外相
    © Sputnik / Vitaliy Belousov
  • 14:48

    日本のMDシステムは、アジア太平洋地域のパワーバランスに影響を与える可能性がある―ショイグ国防相

    露日2プラス2会談
    © Sputnik / Vitaliy Belousov
  • 14:45
    露日2プラス2会談 ラヴロフ、岸田両外相
    © Sputnik / Vitaliy Belousov
  • 14:35

    日本の稲田防衛相は、露日間の相互信頼の強化に期待している

    露日2プラス2会談 ラヴロフ外相、岸田外相、ショイグ国防相と稲田防衛相
    © Sputnik / Alexander Scherbak/TASS Photo/POOL

    稲田防衛相はまた、午前中にロシアのショイグ国防相と国防政策に関連した問題や北朝鮮問題をも含む地域情勢について忌憚のない意見交換ができたと指摘。

  • 14:23

    ショイグ国防相:日本の同僚に軍事関係回復に関する建設的な作業に向けた用意があることを保証する

    ショイグ氏によると、「2+2」フォーマットによる協議再開は、世界および地域の安全保障問題の相互に受け入れ可能な解決策を模索するための良い機会を提供している。

    ショイグ氏は、同協議の見事な組織に対して日本側に感謝の意を表した。

    ロシアのショイグ国防相
    © Sputnik / Alexei Druzhinin
  • 14:18

    ラヴロフ外相:「2+2」協議は露日が新たなレベルでの対話実施を目指していることを物語っている

  • 14:14
    露日2プラス2会談 
    © 写真 : スプートニク日本
  • 14:08

    ロシアと日本は北朝鮮の核の脅威と関連した状況悪化を背景に安全保障分野で相互理解を深める必要がある。岸田外相はこのような考えを示した。

    岸田外相
    © AFP 2019 / Katsumi Kasahara
  • 13:55

    日露協議2プラス2が始まる

ライブ
2プラス2協議-露日関係の新たなレベル
+
トピック
露日「2+2」協議 (13)
タグ
2プラス2, 露日関係, セルゲイ・ショイグ, 稲田朋美, 岸田文雄, セルゲイ・ラブロフ, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント