00:01 2020年08月15日
政治
短縮 URL
4331
でフォローする

フィリピンのドゥテルテ大統領は非常に乱暴に、欧州議会に、内政に干渉しないよう呼びかけた。

ドゥテルテ大統領の発言を公開したのは英紙ガーディアン。発言は、麻薬密売に関係した国内の犯罪者に死刑を適用するとのドゥテルテ大統領の方針を批判する、欧州議会の最近の決議案に関係している。

ドゥテルテ大統領はマレーシニア訪問中に、「あんたら、英語で言おう。他の国、特に俺たちには自分の文化や信仰を押し付けるな。自分の用事をしたらどうだ?何を俺らに絡む必要があるんだ、ちくしょう」と述べた。

「絡む」の箇所でドゥテルテ大統領は英語で広く用いられている暴言を用いた。

タグ
暴言, ロドリゴ・ドゥテルテ, 欧州, フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント