01:57 2021年06月18日
政治
短縮 URL
0 102
でフォローする

プーチン大統領とトルコのエルドアン大統領はシリア正常化問題について電話会談を実施した。ロシア大統領府のサイトが明らかにした。電話会談でエルドアン大統領はサンクトペテルブルクで起きた地下鉄テロ事件について哀悼の意を表した。

スプートニク日本

「トルコ大統領はサンクトペテルブルク地下鉄でのテロを受け、深い哀悼の意を表し、遺族には支援と同情を、負傷者には一日も早い快癒の祈念を伝えてほしいと語った。」ロシア大統領府のサイトが明らかにした。

両首脳は3月10日の露土間最高レベル協力会議の会合で達成された合意を踏まえ、露土関係のアクチュアルな問題を話し合ったほか、シリアの休戦体制維持に協力し、アスタナおよびジュネーブでの交渉プロセスを継続する条件を規定している。

先の報道によると、イランは、「テロを幇助している」米国の企業15社に対する制裁の発動を発表した。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント