06:07 2017年04月25日
東京+ 12°C
モスクワ+ 3°C
    露外務省

    米国のシリア攻撃はイドリブの一件より前に決定 イドリブは軍事力アピールの前提に利用された 露外務省

    © AFP 2017/ Joel Saget
    政治
    短縮 URL
    米軍 シリアの空軍基地に空爆 (27)
    43577332

    ロシア外務省は米国によるシリア空軍基地への攻撃決定を今ある問題を深刻化させる思慮のないアプローチと名指しで非難。米国は軍事力をアピールし、国際テロと戦う国に対して、これと軍事的に対立する道へと走った。

    スプートニク日本

    ロシア外務省は、シリア領にシリア政府の合意も国連安保理の決定もないまま、米国および他国の軍人が存在していること自体、国際法に大きく違反していると強調。以前は「その理由にテロとの戦いという課題が使われていたが、今はこれは明らかに主権国シリアに対する明確な暴力行為である。」

    ロシア外務省は、米国がシリアで行った軍事行動は現在、人道的危機の瀬戸際にあるモスルの状況から注意をそらす試みと強調。

    ロシア外務省は、米国の巡航ミサイル攻撃がタイミングよく準備されていたことこそ、その事実を明確に示すものと指摘。

    米国はシリアのイドリブで行われた化学兵器攻撃への報復として、同国西部にある軍事基地を攻撃した

    米国政権の発表によれば、地中海の軍艦からホムス県の空軍基地に向けて、およそ59発のトマホークミサイルが発射された。

    トピック
    米軍 シリアの空軍基地に空爆 (27)
    タグ
    ミサイル, ドナルド・トランプ, ウラジーミル・プーチン, シリア, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント