04:20 2020年07月03日
政治
短縮 URL
3020
でフォローする

米国主導の国際連合軍がシリアのラッカの西で行った空爆で民間人に少なくとも10人の死者が出た。シリアの国営サナ通信が地元住民の証言を引用して報じている。

ロシア国防省 米とのシリア「ホットライン」を一時停止
© Sputnik / Press-service of the Ministry of Defence of the Russian Federation
スプートニク日本

地元の消息筋は「米国主導の有志連合軍の軍機はラッカ県西部のフネイダ村で屠殺を展開し、これの犠牲になった民間人に少なくとも10人にのぼっている」と語っている。

米国主導有志連合軍がラッカ近郊で行った空爆は国際テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」を相手に戦うシリア民主軍のクルド・アラブ人部隊を支援する目的と説明されている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント