23:42 2021年04月15日
政治
短縮 URL
0 114
でフォローする

ロシアのラヴロフ外相は米国のティラーソン国務長官と電話会談し、米国によるシリア空軍基地への攻撃を議論した。ロシア外務省がフェイスブックで発表した。

スプートニク日本

ラヴロフ外相は、化学兵器の使用に関するシリア政府への非難を否定し、イドリブでの出来事の「綿密、公正、専門的」な調査の実施を呼びかけた。

ロシア外務省はまた「両外相は個別会談でシリア問題解決に向けた状況の検討を続けることを決めた」と発表した。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント