01:53 2018年12月14日
露国防省 米国の「化学攻撃準備を盗聴」に懐疑

露国防省 米国の「化学攻撃準備を盗聴」に懐疑

© Sputnik / Press-service of the Ministry of Defence of the Russian Federation
政治
短縮 URL
1192

ロシア国防省のコナシェンコフ公式報道官は、米国がシリア軍人の通話を盗聴し、ハン・シェイフン市での化学兵器攻撃の準備についての会話をあたかも傍受したというマスコミ報道にコメントを表した。

スプートニク日本

これより前、米軍と米情報機関は、シリア軍と化学専門家による、イドリブ県でのサリンを用いた化学攻撃の準備に関する通信を傍受したと発表していた。

コナシェンコフ報道官は「米国は国際法に違反する度に、特に軍事侵攻を行う度にあたかも犯罪の何らかの『絶対的証拠』を持っているとしてその影に隠れるのが常だ。これらの証拠が捏造であればあるほど、その『機密度』は高まる」と語っている。

コナシェンコフ報道官は、米諜報機関がいかにも所持しているらしい人類に対する犯罪の証拠をさらに隠蔽し続けるのであれば、それはつまり米国は証拠など一切持っていないことになると付け加えた。
シリア反体制派は4月4日、化学攻撃の結果、80人が死亡、200人が負傷したことを明らかにしている。

タグ
ロシア, 米国, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント