23:01 2017年12月15日
東京+ 6°C
モスクワ+ 2°C
    中国の王毅外務大臣

    中国 朝鮮半島で戦争勃発の危険性を警告

    © AP Photo/ Wu Hong
    政治
    短縮 URL
    43012

    朝鮮民主主義人民共和国をめぐる紛争はいつ開始されてもおかしくない。中国の王毅外相の声明をサウスチャイナ・モーニングポスト紙が引用して報じた。

    スプートニク日本

    王毅外相は「ここ最近、摩擦が強まっており、紛争がいつ激化してもおかしくないという印象ができつつある。もし戦争になれば、負けるのは全員だ。その結果、勝者となるものは誰もいない」と語り、紛争を開始した者が歴史の責任をとり、それに見合った対価を支払わねばならないと指摘した。

    同日これより前、NBCニュースTVは米諜報界の消息筋の情報として、米国は北朝鮮がさらなる核実験を行った場合、その軍事施設の先制攻撃をかける準備があると報じている。

    タグ
    北朝鮮, 中国, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント