07:00 2020年05月26日
政治
短縮 URL
156
でフォローする

フィリピン軍と米軍は5月、毎年開かれている合同演習「バリカタン」を行う。フィリピンのドゥテルテ大統領就任後はじめての実施となる。AFP通信が報じた。

スプートニク日本

10日間にわたる演習では、テロ対策や緊急事態への対応が訓練される。

演習を主催するフィリピン側の代表セレステ・フランク・セイソン氏はAFP通信に「演習はフィリピンを襲う恐れのある大規模な嵐、またはテロの発生に備えた準備というシナリオに基づいて行われる」と述べた。

「バリカタン」は、「肩を組む」を意味している。昨年ドゥテルテ大統領は、自身の任期の2022年までに米軍を撤退させ、米軍の後を他の外国軍によって補うことはないと発表した。

以前ドゥテルテ大統領は米国に対してあまり好意的ではなかった

タグ
アメリカ軍, フィリピン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント