07:13 2020年03月30日
政治
短縮 URL
3413
でフォローする

仏政党「国民戦線」の党首で、大統領選挙の候補であるルペン氏がパリのコンサートホールで演説中、フェメン(Femen)運動を行うトップレスの女性活動家2人がステージに乱入を試みた。「BFMTV」テレビが報じた。

スプートニク日本

上半身に文字を書いたトップレスの女性が、花束を手にステージに乱入。国民戦線の警備員が即座に女性を退出させた。少ししてもう1人の女性が同様のことを試みるも、またも退出させられた。

同テレビが報じるところ、ルペン氏は彼女らの活動に皮肉っぽく反応した。ルペン氏は、フェメンの活動が「価値観の完全なずれ」を証明していると指摘し、「女性を守る唯一の女性」だと自称した。

​先の報道によると、フランス大統領選挙の候補者、政党「国民戦線」のルペン党首は、フランスのテロ対策は不十分だとの考えを示した

タグ
マリーヌ・ル・ペン, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント