00:25 2017年08月17日
東京+ 22°C
モスクワ+ 24°C
    ペンス米副大統領 通常、核兵器を別を問わずあらゆる攻撃の準備あり

    ペンス米副大統領 通常、核兵器を別を問わずあらゆる攻撃の準備あり

    © 写真: Matthias Schrader
    政治
    短縮 URL
    256977

    ペンス米副大統領は横須賀基地の原子力空母「ロナルド・レーガン」で演説を行い、米国は通常兵器からであろうと、核兵器であろうといかなる攻撃も行う準備があると表明した。

    スプートニク日本

    「米国はいかなる攻撃に対しても、通常兵器ないし核兵器を使って最大限効果的な米国流の報復を行う構えだ。」ペンス米副大統領は朝鮮民主主義人民共和国情勢にコメントしたなかで、こう語っている。

    「ロナルド・レーガン」は在日米海軍第5攻撃グループの旗艦で横須賀基地に配備されている。

    ペンス副大統領はまた日米同盟はアジア太平洋地域の平和、繁栄、自由の礎石でありトランプ政権下での日米同盟は揺ぎ無いと強調した。

    タグ
    日本, 北朝鮮, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント