19:15 2020年09月20日
政治
短縮 URL
1132
でフォローする

ロシアのラヴロフ外相は、シリアでは最近、その後にアサド政権の交代が呼びかけられた、イドリブでの化学兵器を使った出来事と似た扇動行為がみられているとの見方を示している。

スプートニク日本

ラヴロフ外相はアプハジアの首都フスミで開かれた記者会見で「我々は最近、その後シリアの飛行場に対する米国の違法攻撃を生み、交渉から政権打倒へ移行する必要性に関する大きな声が上がったイドリブ県で4月4日に起こった有毒化学物質を使った出来事と同じような扇動行為を起そうという試みを感じている」と述べた。

シリア反政府勢力は4月4日、イドリブ県ハン・シェイフン市での化学兵器を使った攻撃で80人が死亡、200人が負傷したと発表した。

タグ
シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント