07:16 2018年10月22日
ルペン氏、それともマクロン氏?いや、エルドアン大統領!

ルペン氏、それともマクロン氏?いや、エルドアン大統領!

© AP Photo / Yasin Bulbul
政治
短縮 URL
378

23日のフランス大統領選挙第1回投票は、奇妙な点なしには終わらなかった。トルコ系の有権者がフランス大統領選挙の投票で、トルコのエルドアン大統領に投票したのだ。

スプートニク日本

エルドアン大統領の名前は投票用紙になかったという事実は、有権者を止めなかった。彼らは大量に投票用紙にエルドアン大統領の名前を記入し、大統領の写真すら投票箱に入れたのだ。トルコのメディアが報じた。

ある投票用紙には、「レイス以外に投票する人が誰もいない。偉大な人よ、もしかして、欧州も自身の手におさめてはどうか?」とあった。

リーダーや統率者を意味する「レイス」という言葉で、エルドアン大統領支持者は敬意を表してエルドアン大統領のことを指している。

前にもこのような状況が見られたことは記憶に新しい。3月中旬に行われたオランダの選挙で、同国に住むトルコ人もまた、エルドアン大統領に投票したのだ。

先の報道によると、トルコのエルドアン大統領は、欧州諸国の代表らが自分を専制君主よばわりするのであれば、逆に彼らをファシストよばわりすると宣言した。

タグ
選挙, レジェップ・エルドアン, マリーヌ・ル・ペン, フランス, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント