18:19 2019年06月27日
ラヴロフ外相 交渉が難航中、何を考えているかを語る

ラブロフ外相 交渉が難航中、何を考えているかを語る

© Sputnik / Vladimir Fedorenko
政治
短縮 URL
0 211

ラブロフ外相は困難を極める交渉で自分を落ち着かせるとするとき大好きなサッカーチームの「スパルタク」のことを考えるとジョークを飛ばした。

スプートニク日本

男性向け雑誌「エスクァイア」からのインタビューで交渉中、パートナーが自分の話を聞こうとしないとき、どうやって気持ちを落ち着けるのかという問いにラブロフ外相は「スパルタクのことを考えつづける」と答えた。

ラブロフ外相は自分の好きな音楽や詩人についても話している。

「詩人で好きなのはヴィソツキー。それからエセーニンにブローク。でもヴィソツキーは我々の同時代人だ。」

「音楽? 好きなのはフォーク、ジャズ。ブートマンの演奏が好き。そりゃもちろんビートルズも好きだ。それにシナトラもね。」

先の報道によると、トランプ米大統領は、ロシアとの関係正常化は「適切な時期」に起こることを信じている。

タグ
セルゲイ・ラブロフ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント