02:00 2018年12月12日
露MDシステム、警戒態勢 北朝鮮のミサイル発射受け

露MDシステム、警戒態勢 北朝鮮のミサイル発射受け

© Sputnik / Sergey Malgavko
政治
短縮 URL
181

北朝鮮のミサイル発射を受け、ロシア極東にあるMDシステムは警戒態勢にある。ロシアは発射の標的にないことを理解しているが、可能性のある事故から自身を守る必要がある。ロシア連邦安全保障会議のビクトル・オゼロフ議長がリア・ノーボスチに伝えた。

スプートニク日本

日本時間14日朝5時28分、ミサイルが北朝鮮西部の亀城(クソン)から発射された。

ミサイルは30分、800キロの距離を飛行した。落下地点は朝鮮半島の東400キロの日本海で、日本の経済水域外だと見られている。

タグ
ロシア軍, ロシア, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント