00:11 2018年06月26日

トランプ米大統領、ラブロフ露外相へダーイシュ関連機密情報伝達=米マスコミ

© 写真: Official White House Photo by Shealah Craighead
政治
短縮 URL
1242

米紙ワシントン・ポスト電子版は15日、ロシアのラブロフ外相の訪米にあたってのホワイトハウスで開催されたトランプ大統領との会談際、トランプ氏がラブロフ外相に「ダーイシュ(IS,イスラム国)」に関する機密情報を伝達したと報道した。

スプートニク日本

同紙は複数の無名の米政府高官に基づいていたと主張。

同紙によると、トランプ氏がロシア側に伝えたのは、情報共有合意に基づき同盟国から提供された機密情報とみられるが、事前の開示同意を得ていなかったという。ダーイシュ掃討を巡る同盟国との連携にも影響する恐れがある。共同通信が報じた。

ラブロフ外相とトランプ大統領の会談はロシアとトランプ陣営の不透明な関係を巡る調べを背景にあった。

11日、トランプ大統領は連邦捜査局(FBI)のコミー長官を解任した。コミー氏は2013年、オバマ前大統領によって10年の任期でFBI長官に任命された。ホワイトハウスは、新たな長官の候補探しを始めたと発表。その間、マッケブFBI副長官が後任を務める。

タグ
露米関係, ドナルド・トランプ, セルゲイ・ラブロフ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント