04:40 2018年06月24日
同国配備の米THAAD返還の可能性を語る 韓国

同国配備の米THAAD返還の可能性を語る 韓国

© AP Photo / Lee Jin-man
政治
短縮 URL
1163

韓国与党「共に民主党」の院内代表、禹元植(ウ・ウォンシク)議員はラジオのインタビューに対して、国内法手続違反が発見されれば、最近韓国に配備された高高度防衛ミサイル(THAAD)を返還する可能性があると述べた。

スプートニク日本

禹氏は、「国内法手続きを経ていなかったと判明した場合にTHAADを送り返す可能性も含めて、この問題を調べる必要がある」と述べた。

禹氏は、THAAD展開は議会の承認が必要だが、前政権ではそれがなかったと強く主張した。

新たに選出された文在寅(ムン・ジェイン)大統領は選挙運動中に、THAAD配備に反対の立場を取ると約束していた。

韓国は去年、THAADを自国に配備するとの決定を取った。THAADは短・中距離弾道ミサイルを終末段階・高高度で迎撃できるシステム。射程は200キロ。北朝鮮からのミサイルを効果的に迎撃することが期待されている。

タグ
アメリカ軍, 韓国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント