03:21 2020年07月04日
政治
短縮 URL
0 211
でフォローする

ロシア大統領府は、モスクワを公式訪問したフィリピンのドゥテルテ大統領がプーチン大統領と会談し、国際テロ組織「ダーイシュ(IS)」と戦うためには近代的な兵器が必要だとして支援を求めたと明らかにした。

スプートニク日本

共同通信によると、ドゥテルテ氏は22日からロシアを訪問していたが、イスラム過激派「マウテ」武装勢力がフィリピン南部ミンダナオ島の一部を実効支配下に置き、戦闘が続いているため、25日の予定だったプーチン氏との会談を23日に行い、早期にフィリピンに帰国することになった。

プーチン氏は、戦闘で犠牲者が出たことに弔意を示した上で、経済や軍事分野での2国間協力に期待感を表明したという。

タグ
ISIS, ロドリゴ・ドゥテルテ, ウラジーミル・プーチン, フィリピン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント