10:12 2017年08月24日
東京+ 29°C
モスクワ+ 16°C
    プーチン大統領 クリルにロシアがいなければ、米軍が現れるだろう

    プーチン大統領 クリルにロシアがいなければ、米軍が現れるだろう

    © Sputnik/ Alexei Druzhinin
    政治
    短縮 URL
    4905203

    プーチン大統領は南クリルについて、理論的に主権が日本に移った場合、南クリルに米軍が配置される可能性があると述べた。

    スプートニク日本

    プーチン大統領はロシアのマスコミに、「我々は今米国で何が起こっているかを目にしている。この対露行動、反露は続いている。今後どのように進展するのかは我々には分からない。それは我々に関係しているのではない。我々は、このプロセスのイニシエータではない。これらの条件の中で、今日はそこでは(南クリル)全てが順調だが、明日にはそこに何らかの基地、あるいはMD(ミサイル防衛)の構成要素が現れると、理論的に予想することでさえ、我々にとっては全くもって容認できない」と語った。

    プーチン大統領によると、このような可能性は、日本と米国の間で結ばれた合意から生まれている。

    プーチン大統領は「私たちにはそれを見せないが、我々は大体においてその内容を知っている。私はそれらの詳細を知っているが、今は細部にわたって検討することはしない。だがこれらの領域に米軍が配置される可能性はある」と指摘し、「我々は、いかにして安全保障を確保するかを考えている。我々は、いかにして遠く離れた国境地域で脅威を除去するかを考えている。この意味において、島はとても便利な場所だ」と述べた。

    先の報道によると、露日の合同調査団は6月後半にも南クリル諸島入りする

    タグ
    クリル諸島, 日本, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント