12:35 2017年11月23日
東京+ 7°C
モスクワ-2°C
    ウィキリークス クリントン氏はカタールとサウジアラビアによるテロリスト支援を知っていた

    ウィキリークス クリントン氏はカタールとサウジアラビアによるテロリスト支援を知っていた

    © AFP 2017/ Karen Bleier
    政治
    短縮 URL
    カタールをめぐる外交スキャンダル (51)
    21164121

    元米国務長官で米大統領候補だったヒラリー・クリントン氏は、カタールとサウジアラビアが、シリアとイラクのテロリストを資金援助していることを知っていた。ウィキリークスのツイッターで公表されたクリントン氏の電子メールの中で述べられている。

    スプートニク日本

    2014年8月17日付けのクリントン氏のメールは、同氏の選挙対策本部を率いたジョン・ ポデスタ氏に宛てたもので、シリアおよびイラク情勢について書かれている。

    メールでは「この軍事作戦と準軍事作戦が進められている間に、私たちは、ダーイシュ(IS、イスラム国)』や地域のその他のスンニ派過激派組織へ非合法の資金援助を行っているカタールとサウジアラビア政府に圧力をかけるための我々の外交的、伝統的な諜報の可能性を利用する必要がある」と述べられている。

    5日、バーレーン、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、エジプト、イエメン、リビア暫定政府、モルディブ、モーリシャスは、カタールの首長がテロや過激思想を支持しているとして、カタールとの断交を発表した。

    トピック
    カタールをめぐる外交スキャンダル (51)
    タグ
    ウィキリークス, ヒラリー・クリントン, カタール, サウジアラビア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント