23:04 2018年09月25日
英テロとサウジのカタールへの外交攻勢に関係はあるか?

英テロとサウジのカタールへの外交攻勢に関係はあるか?

© REUTERS / Fadi Al-Assaad
政治
短縮 URL
カタールをめぐる外交スキャンダル (52)
162

地政学者アレクサンダー・デル・ヴァレ氏(Alexandre del Valle)は、「サウジアラビアは(テロリストとの関係の)あまりに綿密な調査を恐れているため、まさに今、カタールに対する外交攻勢をかけたのだ」との見解を示した。ジュネーブにあるアラブ政治社会調査センター(Caraps)のリヤド・スィダウイ(Riadh Sidaoui)所長はまた、英国にカタールやサウジアラビアのワッハーブ派のコミュニティが存在すると述べた。

スプートニク日本

ヴァレ氏はスプートニクのインタビューに対して次のような見解を示した。

3ヶ月にテロが3回。これは英国の政府すらシステムの見直しを迫られたほどのショックだ。最近のメイ首相の声明は、英国人の意思に沿ったものだ。この声明に、具体的な行動が続くべきかは別の問題だ。サウジアラビアに対する英米の関係に急変化が起こるのではないかと疑っている。

米国が最近、サウジアラビアとの同盟を再開した。サウジアラビアは一方であまりに綿密な調査を避けるために反カタールの気運を作り上げた。サウジアラビアは露呈を恐れているため、まさに今、カタールに対して外交関係をかけたのだ。

スィダウイ所長は、「仏独米の上級代表は1度として、テロリズムへの資金援助でサウジアラビアとカタールを非難したことがない。英国はこのような声明には反応しなかった。英国には、カタールとサウジアラビアのワッハーブ派のコミュニティのようなものが存在する。おそらく現在、特に世論の圧力のもとで英国は真剣な捜査を始める。英国人には、イスラム過激派のネットワークに資金援助しているのは誰かを知る権利がある」と付け加えた。

先の報道によると、英マンチェスターで23日(日本時間)、有名な女優・シンガーソングライターのアリアナ・グランデ氏が出演したコンサートが行われたマンチェスター・アリーナ会場の入り口で爆発があった

トピック
カタールをめぐる外交スキャンダル (52)
タグ
テロ, 英国, カタール
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント